logo

映画 チャンス あらすじ

本作「シンドラーのリスト」は白黒映画として作られたことも大きな特徴です。 制作費が削減されること、そして記録映画の雰囲気を生み出すことを目的としていますが、ごく一部にのみ着色する手法を用いることで色の印象を強く引きだすことに成功しています。 映画 チャンス あらすじ ゲットーから収容所へと強制移送されていくユダヤ人の群衆のなかに、シンドラーは赤いコートを着た幼女を見つけ出します。 白黒の群衆、それも襲撃されバタバタと道端に倒れゆく人々のなかを、走るでもなくさ迷う赤い小さなコート。 古くは黒澤明監督の「天国と地獄」に見られた手法ですが、観客の視点を一点に集める絶大な効果があります。 映画 チャンス あらすじ 幼女が殺りくから逃げまどう光景をみたシンドラーのショックを映像で表現したこのシーンは、観客の印象にも強く残ります。 ちなみにこの赤いコートの少女は、実際に強制移送されたユダヤ人たちが後に多くの目撃情報を残しています。 映画 チャンス あらすじ 着る服の色すら指定されていたユダヤ人群衆のなかにおいて、真っ赤なコートはとても目立つ存在だったのです。 誰もが彼女の悲運で短い人生を想像し、本作の中ではシンドラーが赤いコートの少女の遺体を見つけるショッキングなシー. See full list on cinemarche. ニートになり果てていたポールの元に、ブラドンがやってくる。彼は店の功績によりさらに昇進し、地域担当者になるとの事。そして今の店の店長にポールを指名して去って行った。ポールは再び携帯屋で働き始め、疲れて帰ってきては風呂場で歌う。ジュルズはその声を聞いて、昔と変わらない声で歌えるのに、ポールが歌わない事をもったいないと思い始めるが、歌えている事にポールが気づいていない。 ポールとジュルズ夫婦の家計は火の車。借金と滞納した税金で首が回らない状態になっていた。何とかしようとパソコンをいじっていると出てくる、テレビ番組タレントオーディションの広告が邪魔だとぼやく。 ふと思いついたように、宝くじを買うより、これに参加する方が安いとポールが言うと、ジュルズはすかさず出るように促す。促されると迷うポールがコイントスで決めようと申し出ると、コインをつかんだジュルズは申し込みボタンを押して申し込みが完了する。 後日、出演OKの知らせがやってくる。出演日までにあらゆる所でボイストレーニングをするポール。準備は万端だが緊張で眠れなかったポール、おまけに進行の関係で発声練習を直前に十分に出来ないと焦っていると、スタッフに出るか出ないか問いただされる。 同行していたジュルズと母はもちろん出ると答え、そのまま袖に彼を残し客席へ。ジュルズはそこで彼の緊張を解くために、彼の携帯電話にパバロッティを茶化すような内容のメールをキャメロン名義で送信。ポールに出会った時の事を思い出してもらいたかった。 おかげでポールはその声をいかんなく発揮する事ができた。審査員の女性は感動のあまり涙を零し、本当に携帯屋の店員なのか?と聞かれ、ダイヤモンドの原石を見つけた、このまま決勝に進めるだろうと、お墨付きをもらうのだった。 そして、言葉どおり優勝したポールはレコードを出し、女王陛下の前で歌うまでに上り詰める。楽屋で彼がオペラを歌う事にいい顔をしなかった父が、子供が親を超えることについて話し、和解する。そこへ母が「陛下がお待ちだ」と呼びに来る。 場所は変わり、ベニスでジュルズと旅行をしているポール。彼の人生のオペラというナレーションと共に、ベニスの風景をバックにエンドロールが始まる。 以上、映画ワンチャンスのあらすじと結末でした。. .

映画『花と雨』あらすじが気になる! 幼少期からロンドンという異国の地で生活してきた吉田は日本に帰国するも全くなじむことができない青年だっ. 『ワン チャンス』は年の映画。『ワン チャンス』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや. ラスト・チャンス!〜愛と勝利のアッセンブリー〜 어셈블리 全20話 年放送 kbs: 平均視聴率 5.

映画『コンテイジョン』のあらすじ・ネタバレ・感想; 年11月29日 映画『ダンボ』のあらすじと感想|ネタバレあり; 年11月26日 映画『アバウト・タイム 〜愛おしい時間について〜』のあらすじと感想|ネタ. 【公開】 1979年(アメリカ) 【原作】 イエジー・コジンスキー『庭師 ただそこにいるだけの人』 【監督】 ハル・アシュビー 【キャスト】 映画 チャンス あらすじ ピーター・セラーズ、シャーリー・マクレーン、ジャック・ウォーデン、メルビン・ダグラス、リチャード・ダイサート、リチャード・ベースハート 【作品概要】 ジョージ・コジンスキー原作「庭師 ただそこにいるだけの人」の映画化。 数十年間も家から出たことがなく、読み書きも出来ない庭師が、ただそこにいるだけであれよあれよと、政治の表舞台へと駆り出されるコメディ作品。 主演は『博士の異常な愛情』『ピンクパンサー』シリーズでお馴染みの名コメディアン、ピーター・セラーズです。ピーター・セラーズが死の直前に出演し、自身の代表作となりました。. ポールはコンテストで、道化の恰好をしたままオペラを一曲歌い、見事優勝。しかし、それを見ていたマシューに目をつけられて、あわや賞金を奪われそうになってしまうところを、ブラドンの恋人が暴れてくれたおかげで、無事にベニスの学校へ行く事になる。 水上バスの上から電話をかけるとジュルズはびっくりして、ベニスの町や学校の事を彼に聞く。ポールは半分は本当のことを、そして友人関係や食生活などはうまくいっているふりをする。 上級クラスに入っていた彼に、パバロッティに師事してもらえるかもしれないチャンスが巡ってくる。しかしそれには、クラス内の選抜で勝ち抜かなければならない。ラ・ボエームの楽譜を渡され、アレッサンドラと組む事になったポール。どうしても選ばれたいアレッサンドラは、なかなか恋人らしくしてくれないポールの役作りのために、旅行に誘い、家へ食事に誘い、広場やゴンドラ、教会などで歌の練習をする。 無事、パバロッティに歌を見てもらう権利を勝ち取り、アレッサンドラと良い雰囲気になるものの、心はジュルズにあり、アレッサンドラは先生が言っていたポールの純粋さを認める。ポールはジュルズに、なにより先にパバロッティに歌を見てもらえることを伝える。 しかし当日はソロ。とても緊張してしまったポールはうまく歌う事が出来ず、パバロッティは、自信がないことを指摘し、オペラ歌手には今もこれからもなれないと言う。 ベニスで燃え尽きて帰ってきてしまったポールは、ジュルズに情けない結果を連絡できず、鉄鋼所で働き始めるが、うまくいかない。そこへブラドンがやってきて、ポールには才能があると励ましてくれるが、既に時遅く、今度はジュルズがポールの連絡に答えなくなってしまった。 思い切ってジュルズの勤め先を訪れるポールだが、レジ係の彼女に職場で長話が出来るわけがなく、店の中では邪険にされてしまう。仕方なく夜まで待っていると、出てきたジュルズに、心配をしていた事、パバロッティの件があり、自分はポールが帰ってきたら一緒に住めるものだと荷造りをしていた事を明かす。 怒って帰ろうとするジュルズに、ポールは英語で愛の歌をうたう。ジュルズが以前、ポールに歌って欲しいと言っていたのだ。.

【公開日】 1994年2月26日(日本) 【上映時間】 195分 【監督】 スティーヴン・スピルバーグ 【製作】 スティーヴン・スピルバーグ ジェラルド・モーレン ブランコ・ラスティグ 【脚本】 スティーヴン・ザイリアン 【原作】 トーマス・キニーリー『シンドラーの箱船(Schindler&39;s Ark)』 【出演者】 リーアム・ニーソン(オスカー・シンドラー) ベン・キングスレー(イザック・シュターン) レイフ・ファインズ(アーモン・ゲート) キャロライン・グッドール(エミリエ・シンドラー) ジョナサン・セガール(ポルデク・ペファーベルグ) エンベス・デイヴィッツ(ヘレン・ヒルシュ). ハリウッドの制作者たちには、ユダヤ系の人々が多いことが広く知られています。 俗に言う「ユダヤ人はビジネススキルに長ける」といった民族的技能が影響しているのかもしれません。 虐げられたものは、その辛い歴史を語ることへの抵抗が大きいとされます。 ポランスキー監督が依頼を断ったことからもわかるように、本来ホロコースト映画というものはユダヤ系の多いハリウッドでは重い腰をあげての制作となっているはずです。 惨劇の歴史からビジネスを生み出すことに賛成しないハリウッド人も多くいることでしょう。 しかし「シンドラーのリスト」の原作は、シンドラーに助けられた人々が彼の功績を残すための証言をしたことから生み出されています。 一見冷徹にもみえるドイツ人実業家がユダヤ人を救っていた、ドイツ人を憎んでいるはずのユダヤ人がシンドラーの名を歴史に残そうとした、ドイツミニタリー好きなユダヤ系が監督することになった・・・ 世界は「善と悪」には簡単に分けられないのだと考えさせられる、名作映画です。. 家族がチャンスをくれる. 韓国ドラマ「青春の記録」第7話あらすじ|「大きなチャンス」 初めてのキスシーンで終わった6話からの続きです。 7話はもう~ 見どころいっぱい!.

「シンドラーのリスト」は実話をもとにした小説が原作になっています。 何度か映像化の企画が持ち上がったなかで、監督に指名されたのはポーランド人のロマン・ポランスキー監督でした。 ポランスキーは幼少にアウシュヴィッツ収容所から逃げ出した経験がある、いうなれば当事者です。 母親をアウシュヴィッツでなくしているポランスキーにとって本作はあまりにも追体験・・・ポランスキーはこの依頼を断ります。. 7% 最高視聴率第11・16・18回 6. 映画『花と雨』【キャスト】 笠松将 大西礼芳 岡本智礼 中村織央・他. まぁまぁな映画。 エイミー・アダムス、グレン・クローズ、ヘイリーベネットとかなり豪華な女優陣を迎えた実話映画。 温かい感動系の家族愛映画かと思いきや波乱万丈な家族愛映画だった。. 時は第二次世界大戦下、ドイツ軍はポーランドの侵略を少しずつ進めている最中でした。 ネズミ以下の存在と呼ばれ、迫害されはじめるユダヤ人。 彼らはゲットーと呼ばれるユダヤ人だけを住まわせる狭い地区へと追いやられ、ドイツ軍の監視下に置かれた生活をしていました。 チェコ出身の実業家、オスカー・シンドラーはそんなゲットーのある都市クラクスへと単身やってきて新しい事業を始めようと腕を鳴らしています。 これまでに多くの事業をたちあげては結果を残すことができていなかったシンドラー。 彼は戦争をビジネスチャンスに変えるべく、クラクスで鍋工場を立ち上げます。 雇うのはユダヤ人、なぜなら支払うべき賃金が安くて済むためです。 職に付けなければ射殺、良くて強制収容所おくり、ゲットーにおいて職とは命を繋ぐためのものであり、収入のためのものではなかったのです。 命拾いをしたという思いで必死に働くユダヤ人労働者たちと、コスト削減ができる経営者シンドラー、このビジネスはうまく回りシンドラーは順調に巨額の資産をつくりあげてゆきます。. 映画を「エンターテイメント」として考えれば、本作はもはや映画とは呼べず。 実話に基づく話であり、作中で遺族の元へと送り届けられる海兵隊員・チャンス・フェルプスも実在の人物になります(エンドクレジット時に本人の写真あり)。.

ストロボルが付き添うフェルプスの棺に対して、行く先々で人々がその栄誉を称え、敬意と哀悼の. 映画『花と雨』【公開日】 1月17日. ホテルローヤル【映画】あらすじ. 年6月16日. ラストチャンス【韓国ドラマ】 みどころ. 」といったエンターテイメント映画で名を知らしめたため、興行的な成功とは反比例して「作家性のない大衆映画監督」のレッテルを張られていました。 1993年にアメリカで公開された本作「シンドラーのリスト」は、スピルバーグの持ち得る作家性を世に知らしめ、数々の賞を受賞。 この作品はスピルバーグ監督にとって、エンターテイナーを超えた巨匠としての道を歩み始める. 二人はそのままゴールイン。結婚式でも歌を披露し、聖歌隊の指揮者に誉められる。そして市民オペラのアイーダのラダメス役を頼まれ、二つ返事でOKした。その夜、ジュルズはポールに、蓄音機とプッチーニのトゥーランドットのオリジナルキャストのレコードをプレゼントする。まだパバロッティも生まれていないと言って。 ポールは携帯屋で働きながら、練習する。しかし公演の前日、店長のブラドンが恋人に振られ飲んだくれて出勤、そのまま付き合えと言われ、きついリキュールを飲むはめに。ジュルズが帰宅すると、キッチンに倒れているポールを発見、すぐに病院へ連れて行くと、虫垂炎ですぐに切除しないと破裂して死に至るとの事。そして、手術をした翌日の夜に歌うのも危険だと言われる。 飲酒が原因ではなかったとポールは安堵し、無理だと止められるも、手術の後、舞台に立つ事を選ぶ。案の定ポールは舞台の途中で倒れてしまい、そのまま再び入院を余儀なくされる。しかも今度は甲状腺に腫瘍があると言われて、喉の手術を施される。もう歌えなくなるかもしれないということが、どんなにポールにとって怖い事だろうと、眠るポールの横で泣くジュルズ。 退院後、ポールはお祝いをしてもらうが、声は出ないままだった。そのまま6ヶ月歌う事なく、携帯屋で働いていると店長のブラドンが、この店がこの地区で売り上げがよく昇進し、ポールのお給料も上がると言う。ふざけて、ブラドンがオペラ風に歌うので、ポールもそれに返すと、すんなりと歌う事が出来た。 嬉しくなったポールは勇み足で帰宅しようとすると、車にはねられてしまう。一命を取り留めたものの、今度は18ヶ月のリハビリ生活。両親と食事をすれば過去のラグビーの話、ポールの天敵マシューが、鉄工所の事故で仲間を助けた話。ポールはマシューに殴られた傷を見せて、いじめにあっていた反論をしても、いじめられたのはポールが太っていたからだと一蹴されてしまった。.

韓国映画「チャンス商会」あらすじ、キャスト、最新ニュースです。wowKorea(ワウコリア)では、韓国・韓流ドラマや韓国映画、韓国音楽・K-POPの. イギリスの人気 オーディション 番組『 ブリテンズ・ゴット・タレント 』で優勝したことをきっかけに世界的 オペラ歌手 となった ポール・ポッツ の波乱の半生を描いている。. 映画『チャンス』あらすじ ある朝、古い邸の主人が突然死を迎えます。 後に残された中年庭師のチャンスは、数十年間一歩も外に出たことがなく、読み書きもできず、ただひたすら庭いじりとテレビを観る楽しみだけで生きてきました。.

ジョージ・コジンスキー原作「庭師 ただそこにいるだけの人」の映画化で、名コメディアン、ピーター・セラーズの代表作のひとつ『チャンス』を紹介しました。 この映画が公開された翌年、ピーター・セラーズは54歳の若さでこの世を去ります。 コメディ映画の枠を超え、当時のアメリカの風刺映画であると同時に、現代にも通じる作品「チャンス」。 ぜひ、純粋無垢な心でご覧ください。. 映画 チャンス あらすじ 気になる映画!【カツベン!】の内容とあらすじを紹介します。 映画カツベン キャストが気になる! 井上真央 成田凌 黒島結菜 永瀬正敏・他 人気出演者が出演している作品に注目が集まっています。. 『チャンス』は1979年の映画。『チャンス』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや動画クリップ. 動画視聴で楽天ポイント貯まる楽天TV(Rakuten TV)!【チャンス! メイドの逆襲】コメディ映画の洋画。【あらすじ】次期パナマ大統領選に立候補した実業家の夫と、富裕層出身で若さと美貌を保つために忙しい妻。.

知的障がいのあるチャンスは、読み書きが出来ず、屋敷の外に出たことがありませんでした。 チャンスは、庭の草花の手入れとテレビが何よりも大好き。自分は庭師だと誇りを持っています。 いつも通りの朝、テレビを見ながら起き上がり、草花に水をやり、乗ったことがない車を磨き、朝食のテーブルに着きます。やはりテレビを見ながらの朝食のはずでした。 そこに使用人のルイーズがやってきて、チャンスに主人の死を告げます。 しかしチャンスは、死を理解出来ませんでした。テレビに夢中です。 いつも通り朝食を食べ終わり、主人の部屋に向かいます。冷たくなった主人に触れるも、興味は部屋のテレビに。そして、また庭のお手入れに向かいます。 古い邸は主人の死で手放され、使用人は解雇となりました。ルイーズは、チャンスのことを心配しながらも、年上の女性と結婚しなさいとアドバイスを残して出ていきます。 残されたチャンスの元に、弁護人のトーマスとサリーが訪ねてきます。庭師と自己紹介するチャンス。弁護人とは、どうにも話がかみ合いません。 主人の血筋でもなければ、ただの庭師が居続ける理由が分からない弁護人は、とにかくここには居れない。出ていくように告げます。 主人から貰った品の良いオーダーメイドのスーツにハットをかぶり、荷物を丸めて詰めたキャリーケースに傘を持って、チャンスは外への扉を開きます。 今まで屋敷から外に出たことがなかったチャンス。初めて見る外の世界に戸惑います。 「お腹が空いているので何か下さい」「庭師の仕事はどこで出来ますか」街の人々に声をかけます。身なりは紳士、中身は子供です。 店のショーウィンドウでテレビを見つけたチャンスは、熱中するあまり路肩に駐車してあった車どうしの間にはまり、誤ってバックした車に挟まれてしまいます。 その車に乗っていた貴婦人イブによって、手当のため自宅へと招かれます。 車に乗るのも初めてのチャンスは、イブの会話にも上の空、車内のテレビに夢中です。 名前を聞かれたチャンスは「チャンス、ガーデナー(庭師)」と自己紹介しますが、むせたチャンスの言葉をイブは勝手に「チャンシー・ガーディナー」と勘違いしてしまいます。 イブは、財界の大物ベンジャミン婦人でした。主人のベンは重い病気にかかっており、邸宅には病室と主治医が揃っていました。ベンの主治医ロバートに手当を受けるチャンス。 純真無垢. チャンス(1979)の映画情報。評価レビュー 219件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:ピーター・セラーズ 他。 「さらば冬のかもめ」のハル・アシュビーが、政治やマスコミなどに対する諷刺を暗に散りばめ、ふとしたことから大統領にまで祭り上げられる男の姿をコミカルに描いた. . ワン チャンス()の映画情報。評価レビュー 映画 チャンス あらすじ 512件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:ジェームズ・コーデン 他。イギリスの人気オーディション番組での優勝をきっかけに、一夜にして携帯電話の販売員から世界的オペラ歌手となったポール・ポッツの半生を映画化。恥ずかし.

See full list on eiga-watch. 韓国映画「隊長キム・チャンス」あらすじ、キャスト、最新ニュースです。wowKorea(ワウコリア)では、韓国・韓流ドラマや韓国映画、韓国音楽. 知的障がいのある男が、あれよあれよと政治の表舞台に駆り出され、人気物になっていくコメディ作品「チャンス」。 ジャンルはコメディとなっていますが、メッセージ性の強い風刺映画と言えるでしょう。 すべてを知っている医者のロバートに「君は本物の庭師なんだろ」と、声をかけられ「そうだよ」と当然のように答えるチャンスの姿が、この映画のテーマを物語っていました。 彼は最後まで嘘はつきません。一切計算なく正直に生きているだけです。 周りが勝手に純粋なチャンスに魅せられ、祭り上げただけです。いかに政界、財界が欲の塊で嘘だらけの世界かという風刺になっています。 またラストは、湖の上を沈むことなく歩くチャンスの姿で物語は終わるのですが、水の上を歩くキリストを彷彿させます。 純真無垢なチャンスの姿は、利己主義な世の中を嘆くキリストの姿なのかもしれません。 ストーリーの中には、ここまで上手いこと勘違いされる⁈という展開もありますが突き抜けた感じが面白いです。 嘘偽りのない純粋な心を持ち続けることが、人生のチャンスを掴む場面で大切なことなのかもしれません。 貴婦人イブとの恋愛は、中身が子供なチャンスだけに相思相愛とは行きませんが、新たな形の愛の開放となりました。 イブ役は、まだまだ現役の大女優シャーリー・マクレーンが演じています。 チャンスとの可笑しな恋愛で愛の開放を果たす、大女優の貴重な演技にも注目です。 日本では「馬鹿と天才は紙一重」などと言いますが、名コメディアンのピーター・セラーズの演技がまさに、その言葉を表現したもので見極めが付きません。彼の演技は間違いなく天才の方ですが。 エンドロールでは、彼の NGシーンが映ります。何度も同じセリフでハマってしまい笑いが止まらないピーター・セラーズ。お茶目な一面が見れます。. ピクサーの映画「リメンバー・ミー」はご覧になりましたか? 私ロイも観ましたよ。もちろん、英語で。 大抵の映画館では、アニメ映画は通常「吹替版」が上映されます。. 映画「ワンチャンス 」ネタバレあらすじとラストまでの結末・動画やみんなの感想を掲載。起承転結でわかりやすく徹底解説しています。ワンチャンス のストーリーの結末・感想や感想を含んでいるので、観ていない方はご注意ください。この映画のカテゴリーは ヒューマンドラマ です。.

ケガで現役を引退した元アイスホッケー選手の 貴史 と、中学の同級生 美幸 の. 31% 시청률 最低視聴率第2回・10回4. 映画「ハーフ・ア・チャンス 」ネタバレあらすじとラストまでの結末・動画やみんなの感想を掲載。起承転結でわかりやすく徹底解説しています。ハーフ・ア・チャンス のストーリーの結末・感想や感想を含んでいるので、観ていない方はご注意ください。この映画のカテゴリーは コメディ. 富を得ていく一方で、ユダヤ人が理不尽に命を奪われてゆく戦争の残虐さに、シンドラーの心には居心地の悪さが芽生えてゆきます。 日々鳴り響く銃声、理由なく流される血。 自分が信頼をおく工場の会計士が自分の知らないところで収容所送りになりそうになり、加速してゆくユダヤ人迫害の日常は少しずつシンドラーに疑問をかきたたせます。 ユダヤ人のなかでもシンドラーの工場は噂になり、「善人シンドラーがユダヤ人を雇って救っている」と話題になります。 ナチ党員であるシンドラーにとって、そのような噂は命取り。 芽生える迫害への抵抗心と保身、シンドラーは綱渡りの日々でした。 そしてついにゲットーは解体され、そこに住まう全てのユダヤ人が収容所へと送られてゆきます。 収容所へむかう列を抜けた者はその場で射殺。 子供であっても容赦のないその現状を見渡しショックを受けたシンドラーは、いよいよ行動を開始しはじめます。. 映画『taking chance』 「taking chance/戦場のおくりびと《aka テイキング・チャンス》」 テレビ映画 ATTENTION: T&39;s Theaterでは映画作品のあらすじだけでなく ストーリーのネタバレを結末まで記載しています。. 原作は7編ですが、画像やキャストなどから2話目の「本日開店」は映画では描かれないのではないかと考えます。 シャッターチャンス. 収容所のひとつであるプワシュフ収容所の敷地内に、私営の工場をたちあげたシンドラー。 自身のビジネスのために技術者を工場で働かせる、その体裁はゲットーのときと同じでした。 収容所の所長に近づき、ビジネスパートナーの体裁でワイロを使って収容所の人員をひとり、またひとり工場へ配置してゆきます。 能力者に限らず一人でも多くのユダヤ人に工場の仕事を与えることで処刑から遠ざけようと画策するシンドラー。 そしていよいよドイツ軍の劣勢の色が隠しきれなくなってきた1944年のこと。 戦争犯罪の証拠隠滅に動き出したドイツ軍は、労働力として生かしてきたプワシュフ収容所のユダヤ人たちを一挙にアウシュヴィッツ収容所へと輸送しはじめます。 アウシュヴィッツ行きはつまり、直接的に毒ガス室送りであることを意味します。 プワシュフ収容所の解体とともに、シンドラーの収容所内工場も閉鎖されます。.

ウェールズの聖歌隊でひと際いい声で歌うポールはちょっと太めで、自分で自分の鼓膜を壊してしまうほど声が大きく歌が好き。しかしその体格のせいでマシューを始めとするいじめっ子一派の標的に。 小さな街なので彼らが成長してもその関係は変わらず、ポールのいじめられっ子ポジションは変わらない。父が止めようとしても母のフォローがあり、大好きなオペラを聴きながらの朝食を済まし、仕事先の携帯屋に行くと、今日もマシューが商品に難癖をつけにやってくる。 店長のブラドンに対応を押し付け、バックヤードにこもっていると、ブラドンはいつの間にかポールの携帯電話で、彼が一年もメールのやり取りをしていた女性(推測)に会う約束を取り付けていた。向こうは自分をキャメロン・ディアスに似ていると自称、ポールはブラッド・ピットに似ていると自称していたので、当日鏡の前で髪をセットするものの、いかんせんぽっちゃり体型なので諦める。 待ち合わせの駅に行く途中、花屋が休みだったので、プレゼントになぜか懐中電灯を購入。駅で待っていたのは、すこしふくよかなキャメロン・ディアス、本名はジュルズ。彼女のピザ屋に行く途中で、ポールの母親に遭遇、そのままポールの家で昼食をすることになる。 父親も同席し、ラグビー部時代の自慢話が始まる。歌よりも腕っ節の良さをよしとする父親から逃げるようにジュルズを連れて自室へ。部屋にはオタクといわれるほどのオペラのコレクションがあった。ポールがオペラが好きなのは、それが外国語である事、ロマンチックであると同時にリアルな世界が広がる事。 散歩をして、バーに行っても話は尽きず、ポールはいつかベニスのパバロッティが学長をしている音楽学校に行きたいが後500ポンド足りないとぼやく。そこへ、バーに恋人と入ってきたブラドンが町のタレント・コンテストの賞金が300ポンドだという話をする。オペラ歌手になりたいと言いつつも、なかなか一歩を踏み出せないポールに、ジュルズは次に電話をくれる時はベニスからじゃないと、もう会わないと言う。.